2017.11.12 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.11.09 Thursday

    【読書】「アウスリーベ」

    0

      「kindle unlimited」を読み漁っています。

      11月の1冊目は 全盲の作家 石井 宏幸 の作品、「アウスリーベ」

       

      読み始めたきっかけは 音楽に関係ある小説だから。 まあ、きっかけは単純。(私が読む小説は大抵音楽関係)

      音楽関係の小説が「キンドル読み放題」にあったから、と言うのが理由。

       

      実際に2000年に失明した著者の自叙伝的小説だそうで 読んでいると「これは本当に失明した人でないと ここまでは書けないだろう」と思われた。 

       

      大手コンサルティング会社に勤める全盲の女性、桜井綾香 と世界的なフルート奏者の話。 桜井綾香の職場での話は実はあまり興味がなかったのだけれど 全盲になった彼女の前向きな生活、そして 音楽関係の話は興味深く読みました。

      文章の主語が時々わかりづらくなったのは・・・私の理解能力のせい、かな?

      そして 誤字も少々気になりましたが・・・

       

      文体は特に凝った感じではなかったのですが 内容は楽しめました。

      そして・・タイトルになっている「アウスりーべ」(Aus Liebe)。

      バッハ作曲の「マタイ受難曲」の一曲です。

      バッハの曲は素晴らしいですね。 特に宗教曲は まだあまり聞いたことがないのですが メロディの敬虔な美しさ。

      この「アウス リーベ」もとても美しい曲です。

       

       

      大好きなフルーティストの一人である ブリヤコフがモダンフルートでソロで演奏したものはこちら。

      (バッハの時代は今のフルートとは違ったので・・)

       

       

      小説「アウスリーベ」にはフルーティストが出てくるわけですが もしかして・・作者は工藤重典氏にアドバイスを受けたかな?と思ったら まさしくその通り。 小説のフルーティストは工藤重典のような綺麗な音を出すフルーティストなんだろうな・・なんて思いながら このバッハの曲を思い出しながら読みました。

       

      来年のイースター前には(受難曲なので)「マタイ受難曲」全曲ゆっくり聴こうかな?

      (って・・来年の話ですよ!?)

       

       

       

      にほんブログ村 クラシックブログへ
       

      2017.11.03 Friday

      【読書】「バイエルの謎」

      0

        秋です、読書の秋です。 読書週間中です。

        と言うわけでもないですが 最近 読書の時間が取れるのが嬉しい。

         

        今回は Kindleになっていないので 文庫本で

         

        「バイエルの謎」 安田 寛 著

         

         

        ピアノを習った方でなくても 「バイエル」の名前くらいはどこかで聞いた事があるのでは? (少なくともある世代より上だと)と思うくらい、 日本で「ピアノを習う」と言うと「まずはバイエルから」でした。

        私もバイエルから始めました。 この本のカバーは そう言う意味でとても懐かしいです。

         

        この「バイエル」、教本はあれほど有名にもかかわらず、著者のバイエルについては ほとんど知られていない、と言う事で 著者がバイエルと言う人物について調べるのですが その過程が大変興味深く書かれています。

        なぜ、日本ではピアノを習うというと バイエル教本になったのか、

        バイエルと言う人物は本当にいたのか

        バイエルと言う人物の生い立ち、など 実際にその地まで足を運んで調べています。

        ただ 研究結果だけではなく その研究過程が読んでいてい引き込まれる点でもありました。

         

        しかも・・実際に足を運んだのはアメリカと ドイツ。

        事にドイツになると 実際に私もその町に行ってみたくなる程。いいえ、機会があれば行ってみたいと思います。

         

        私はバイエルが嫌いでなく、(習っていた当時は 周りのピアノを習っていた友人もみなバイエルをやっていたのも嫌いにならなかった理由の一つでしょう)

        教本の中の幾つかの曲は大好きで 学校や友人宅でもよく弾いていたのを思い出します。

        この本の著者が バイエルと言う人が何を意図してこの教本を書いたか推測したのを読んだ時、 ますます「バイエルっていいな〜」と思ってしまいました。

         

        ところで・・・

        私は ドイツで子供達にピアノを教えています。

        大手の「音楽教室」や公立の「音楽学校」ではありませんが これまで 生徒数だけはかなりの数の子供を教えてきました。 その経験から思うのは バイエルがドイツで使われていないのは 「バイエルと言う教本がよくないから」ではないと感じます。

         

        その話は次回に・・・

         

        にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

        にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

        2017.10.29 Sunday

        「さよならドビュッシー」

        0

          ドラマ・映画の原作本!「読んでから観る / 観てから読む」どっち?
           

          久しぶりにこのブログを更新します!!

          やっと 少しはこのブログに時間ができた。。

           

          久しぶりにこのブログの管理者ページに行くと 

          「ドラマ・映画の原作本!「読んでから観る/観てから読む」どっち?

          というお題が!

           

          原作本を読んでから その本がドラマや映画になると 興味があれば観る、ということがほとんどです。

          というのは・・まあ、だいたい、映画とかはあまり観ないから・・ですが。

           

          で、読む本といえば音楽関係のものが圧倒的に多くて 小説も音楽関係だとついつい読んでしまいます。

          で、その小説が映像化されると・・ちょっとがっかり来るのでは?と思いつつもチャンスがあれば観ます。

           

          今回、このお題を見てすぐに思い出した小説は これ!!

           

           

          中山七里 著 の 「さよならドビュッシー」

           

          日本に一時帰国中にピアノ仲間の友人に会い、楽器店に一緒に行って おしゃべりしながら その楽器店で売っていた本を見ていたら

          その友人が「これ、面白かったわよ〜〜」と勧めてくれて すぐに買いました。

           

          音楽好きが このタイトルをみて 買わないではいられない!!

          しかも、日本帰国中に買わないと 今度はいつこの本を買うチャンスに恵まれるかわからない!

           

          ミステリーとしては賛否両論あるかと思いますが 気楽に娯楽ものとして読むには 面白かったです。

          音楽関係となると 「そんなのありえない!」と言うシーンがどうしても出てくるのですが 音楽以外(この小説では医学とか)はよくわからないので この小説の設定もあり得る話なのかもしれません。

           

          このお話は映画化されて ピアノ教師役は現役ピアニスト、清塚信也さんです。、これは一度見てみたいと思っています。(上映中に日本に帰国できなかったので まだ見ていません)

          テレビドラマ化もされていて、こちらはさっと見ましたが、こちらは やはり楽器演奏シーンは不自然でした。(大抵、その理由で音楽系のドラマは期待せずに見るのですが・・)

           

          ところで 今回、久しぶりにこの本を取り出して、アマゾンのサイトを写真を借りるために開くと

          なんと、このお話、漫画化もされているのですね。

           

          これはこちら・・・

           

          文庫本で400ページくらいの小説が 漫画でたった2冊? とちょっとびっくりして漫画版も読みました。

          確かに「さよならドビュッシー」で、この小説のあらすじが知りたい人には 漫画で読みやすいのもあって良いかと思います。

          が、小説での ドビュッシーの音楽が感じられるような部分がなく、 主人公が素晴らしい演奏をしている と言う雰囲気が今ひとつ感じられないのが 残念です。

           

          音楽好きな人なら読んで楽しいかも、そうでない人には 不満が感じられる作品かもしれません。

           

          ところで・・・

           

          私は学生の頃はピアノではフランス物をあまり学習していません。

          自分もドイツものの方が好きなのもあって、 ベートーヴェンやシューベルト、シューマンなどが多く、ドビュッシーのピアノ曲のレッスンを受けたことがありません。

          なのですが ただいま、高校生の生徒さんが 「月の光」を希望して この曲のレッスンをしています。

          自分が一度も弾いたことがなかった曲なので 生徒に教えるのを良い機会として 自分もこの曲を練習しています。

           

          あれほど ドイツ音楽好きだった(いえ、今もですが) のですが この曲もいいですね!!

           

          前奏曲、とタイトルにありますが、こちらが後に書かれました。 こちらもなかなかおもしろいです。(前奏曲の方が面白いかも?)

           

          にほんブログ村 クラシックブログへ
           

          2017.08.13 Sunday

          「蜜蜂と遠雷」(恩田 陸)やっと読了!

          0

            直木賞に本屋大賞を受賞した作品で 話題になりましたね。

            本屋大賞を受賞する少し前にこの作品の存在を知り、ピアノ関係と言うことで 是非読んでみたい、と思いつつ なかなか手につかず、夏休みに入って やっと読み終えました!

             

            「蜜蜂と遠雷」 恩田 陸 著

             

             

             

             

            電子書籍で読んだために 分厚い本だと言う感じはなかったのですが 友人宅で「蜜蜂と遠雷」と本をみて びっくり。

            分厚いです。

            最初はなかなか読むスピードも上がりませんでしたが 後半は一気に。

             

            文章が・・少々軽いです。

            現代らしい表現も多くて 後10年したら それでも時代遅れになるのだろうか? と言う箇所もありました。

            が、

            ピアノ好き、クラシック音楽好きには オススメしたい本です。

             

            芳ヶ江国際ピアノコンクールが舞台ですが

            音楽に関しては 取材をきちんと行なっているらしく、これまでのクラシック音楽関係の小説や漫画にありがちな 「憧れの世界」ではなく、現実的なことを書かれています。

            そして、それでも音楽への愛情が感じられて、読んでいると音楽っていいなあ、ピアノの練習をしたいな、と思ってしまいましたが

            コンクールの結果は 予想通りであまりドラマが感じられませんでした。

            いえ、結果よりは このコンクールを通して成長する人間のドラマだと思えば良い作品です。

             

            こういった音楽コンクールが舞台の小説では 「こんな天才、あり得ない」と思ってしまうようなコンテスタント(コンクール挑戦者)が登場することが多く、この作品もそうです。 まあ、そういった天才がいないと話にならないのかもしれませんが。

             

            実は 私はこの本を買おうかどうしようか、少々迷いました。

            そういった「あり得ない天才」が登場するとどうも頭の中では 白けてしまうのです。

            が、この本は読んでよかった!です。

             

             

            こういった作品を読むと 取り上げられている曲を聴きたくなりますね。

             

             

            小説で取り上げられている曲がCDになっています。

            こちらは全曲ではありませんが 小説で取り上げられている曲がどのような曲が知るには手頃で良いですね。

            個人的にはリストのソナタが 小説ではかなりの文字数を占めているのに このCDではないのが残念。

             

             

            こちらのCDだと 小説で取り上げられた曲の完全盤だそうで この小説に出てくる曲をよく知りたい、聞いてみたい、と言う場合はこちらですね。

            (Amazonのサイトの登録情報の曲名が作曲者がないのでとてもわかり辛いです。 クラシックの曲の場合は作曲者の名前をまずは書いて欲しい)

             

            こちらはKindle版。 私は旅行中にKindleをスマホに入れて読みました。

             

            にほんブログ村 クラシックブログへ
            にほんブログ村

             

            2017.06.01 Thursday

            エレーヌ・グリモー「野生の調べ」

            0

              ここ数日、ブログも放置して何をしていたかと言いますと・・・

               

               

              久々にドイツ語の本を読んでいました。

               

              大人のピアノの生徒さんで 本・読書についてのサークルに入っている方がおられて

              (ある本を課題にして 参加メンバーが読み、その本について語っているとかいうサークル)

              2ヶ月前にその生徒さん宅にレッスンに伺った時に 玄関に置いてあったこの本、

               

              「あ、これ、あのピアニストさんの本ですね!」

              (この本の存在は クラシック音楽情報誌で知っていました。)

              「そうなんですよ〜今、読書サークルでこの本を扱っているんです。 興味があれば サークルでこの本を扱うのが終わったら お貸ししますよ!」

               

              この生徒さん、この事を忘れずに覚えていてくださって

              先日、この本を貸してくれました。

               

              は・・・いいけど、ドイツ語の本は読むのに結構時間がかかっちゃうんだよなあ・・・

               

              「もう読み終わったから いつ返してくださってもいいです!」と言ってくださったけれど 

              そんなに長く借りっぱなしにしたくない!

              よ、読むぞ〜〜〜〜!!!

               

              久々のドイツ語の文庫本読書開始!!

               

              ピアニストのエレーヌ・グリモーの演奏は あるオーケストラのコンサートにソリストとして近くに来た事もあって ライブでも演奏を聴いたことがあります。

              それ以前にCDやラジオで聞いて なかなか素敵な演奏をするピアニストさんだなあ とは思っていましたが

              そして、狼の保護センターをしている、という事も聞いた事がありましたが

               

              このグリモーさんがどのような人生を送ってきたのか、若いうちから注目されていたのか、など知らず、

              読み始めたら・・まず、幼稚園時代の動物園での「絵」についての話から興味深くて  吸い込まれるように読み進みました。

               

              エレーヌ・グリモーの人生、と 音楽について

              (ショパンの音楽についてのグリモーの見解が興味深かった)

              アルゲリッチやザンデルリンク(指揮)ら 尊敬する音楽家との付き合い、

              グールドやリヒテルといった素晴らしいピアニストのこと、

              そして ところどころで 狼について書かれています。

               

              ピアニスト、グリモーがこれだけ狼について勉強しているのには 驚かされました。

               

              原文はフランス語なので 私が読んだドイツ語版も翻訳なのですが

              これだけ素晴らしい本を書くピアニストさんに脱帽です。

              文章や構成もよく、

              「これは・・ドイツ語の授業のテキストにも使えそう」と思ってしまいました。

               

              日本語でも出版されています。

              一度、日本語で読んでみたい!

               

              おおかみ・・って 童話・寓話では悪者ですが この本を読み進めると なんだか犬みたい!仲良くしたいな・・なんて思ってしまいました。 グリモーさんは狼と仲良くできるようですが。

               

              さあて・・

              明日はこの本を貸してくれた方のレッスンです。

              よかった! 堂々と本を返却できる!

               

               

              にほんブログ村 クラシックブログへ
               

               

              Calendar
               123456
              78910111213
              14151617181920
              21222324252627
              28293031   
              << January 2018 >>
              PR
              お気に入り〜
              Amazonで検索
              参加しています
              ブログ更新の励みに よかったらこの2つ、クリックしてくださいね! ブログランキング・にほんブログ村へ

              にほんブログ村
              =====
              Selected Entries
              Categories
              Archives
              Recent Comment
              Links
              Profile
              Search this site.
              Others
              Mobile
              qrcode
              Powered by
              30days Album
              無料ブログ作成サービス JUGEM